【六本木・森美術館】混雑を回避したいなら前売り券を買えばいい話

さぁ、アートを楽しもう!、と思って美術館に行ってみたものの、入場待ちの長蛇の列を前に断念してしまった、なんて経験はありませんか?

せっかく時間を割いて来たのに、作品を見る時間が短くなってしまったらもったいないですよね。

そんな悩みを解決する方法は、ずばり、前売り券を買うことです!

そこで今回は六本木の森美術館の前売り券の購入方法についてご紹介します。

前売り券があれば チケットカウンターに並ばないでOK

入場前に一番時間がかかるのは、チケットカウンターの待機列です。

土日祝日の午後だと3,40分待ちはざらで、2019年に開催していた塩田千春展のような人気のある展示だと、軽く1時間を超えるような待ち時間となってしまうこともあります。

しかし事前に前売り券を持っている人は、この待機列を横目にすっ飛ばし、一気にエントランス(または引き換えカウンター)まで進むことができるのです!

さらに、前売り券であれば、チケットカウンターよりも安く買うことができるので、時間もお金もお得になって一石二鳥ですね。

前売り券の購入方法

1.コンビニで購入する

前売り券を買う方法はいくつかありますが、そのうちの一つは各コンビニのメディア端末から手配することです。大手コンビニはすべて対応しているので、気軽に購入できますよね。

それぞれのコンビニごとの購入方法はこちらです。

  • ローソン/ミニストップの場合
     Loppi端末の「ローチケHMV」メニューから購入
  • セブンイレブン
     マルチコピー機の「JTBレジャーチケット」メニューから購入
  • ファミリーマート
     Famiポート端末の 「JTBレジャーチケット」メニューから購入

ただし、注意事項が1つあります。

各端末で検索する際には、東京シティビュー」と検索してください。
「森美術館」と検索しても、 出てこない場合があります。

東京シティビューとは、森美術館と同じ六本木ヒルズに展望台の名称で、この展望台へのチケットを買うと、一緒に森美術館へも入場できるようになっています。

2.レジャー/チケットサイトから購入する

コンビニ以外では、各レジャーサイト、チケットサイトから購入することができます。

主な取り扱いサイトはこちらです。

  • アソビュー!  https://www.asoview.com/
    「すべての行き先」から「六本木・麻布・赤坂・青山」エリアに絞るか、
    「すべての遊び」>「遊園地・テーマパーク・公園」から「美術館」に絞ると購入画面に進めます。
  • チケットぴあ  https://t.pia.jp/
    「森美術館」で検索しましょう。 

個人的なオススメはアソビュー!での購入です。
ウェブチケットとして買えるので、発券の手間を省くことができます。

私が直近で利用したときは、六本木へ向かう途中の電車内でアソビュー!からポチポチ購入し、そのままスマホ画面を見せればチケットをゲットできました。本当にお手軽です!

※開催される展示会ごとに取り扱いサイトが変わるので、 最新情報は森美術館の公式HPをチェックしてください。

まとめ

今回は、六本木の森美術館の前売り券を買う方法をご紹介しました。

前売り券があれば、入場までの時間を短縮できて、その分たっぷり作品を鑑賞できます。
これはもう買わない手はないですよね。

お得な前売り券を利用して、素敵なアート鑑賞を楽しみましょう。


▼森美術館で開催中の「未来と芸術展」のレポートもあわせてお願いします。▼
森美術館:「未来と芸術展」の見どころと感想



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です