だむろっしゅの文化活動部ログ

アート、映画、旅行などなど。文化部的な活動記です。

ドキュメンタリー映画『ヒューマン・フロー 大地漂流』~アイ・ウェイウェイが描く難民問題~

今回は、アイ・ウェイウェイ監督による映画『ヒューマン・フロー 大地漂流』をご紹介します。

現代芸術家 アイ・ウェイウェイが、自ら世界各地の難民キャンプをめぐりその現状が映したドキュメンタリー映画です。

 

ニュースなどで知識としては知ったつもりになっていた「難民」を映像として観ることで、いかに今までの自分の認識が甘かったのかを痛感しました。現代を生きるすべての人に観てもらいたい一本です。

f:id:damrosch:20190217160451j:plain

「難民」について

難民問題っていうけれど、そもそも「難民」って何でしょうか。映画の公式HPの説明を以下に一部引用します。

難民については、1951年の難民条約に以下のように定められています。
「人種、宗教、国籍もしくは特定の社会的集団の構成員であることまたは政治的意見を理由に迫害を受けるおそれがあるという十分に理由のある恐怖を有するために、国籍国の外にいる者であって、その国籍国の保護を受けられない者またはそのような恐怖を有するためにその国籍国の保護を受けることを望まない者」  (映画『ヒューマン・フロー 大地漂流』公式HP)

 

自分の目的や意思によって生まれた国を離れる人は「移民」となりますが、「難民」は自分の意思に関係なく国を離れざるを得ない人ということになります。また難民について衝撃的なデータがあります。

 

世界の「難民」はここ10年で何とほぼ倍増、国内避難民など強制的な移動を余儀なくされた人を加えると6,850万人にのぼります。
これは世界全人口の1%弱。実に100人に1人が移動を強いられ“難民”あるいは迫害や紛争を逃れるため国内避難民になっていたり、他の国に庇護を求めていたりするという計算になります。
いまや世界は、難民を抜きにして語る事はできません。  (映画『ヒューマン・フロー 大地漂流』公式HP)

 

100人に1人が故郷を追われた難民って驚きですよね。しかも10年で倍増しているだなんて。日本で生活していると縁遠い話に感じてしまいますが、難民問題は決して無視できない現在進行形の課題なのです。

アイ・ウェイウェイって誰?

アイ・ウェイウェイ艾未未, 1957~ )は中国・北京出身の現代芸術家です。評論家や建築家など多方面で活躍しています。

 

世界の難民問題についてSNSで発信し続けるなど、社会活動家としての顔も持つアイにとって、難民問題は重要なテーマの一つです。そのため、彼が難民問題をテーマにした作品を世に出すことは、初めてではありません。

 

例えば、ヨコハマトリエンナーレ2017で展示された作品『安全な通行』は、地中海を渡りギリシャへたどり着いた難民が実際に使っていたライフジャケットを使って作り上げられていました。遠くから見ると彩り豊かな装飾のように見えるのですが、近づいてみるとそれは傷んだライフジャケットの集合だと分かるのです。

f:id:damrosch:20190217212611j:plain

『安全な通行』

 

また、今年1月まで森美術館で開かれていた「カタストロフと美術のちから展」でも、『オデッセイ』という題名のイラスト作品が展示されました。古代ギリシャ風に描かれたこの作品では、キャンプで暮らす人々やボートに乗る人々、武装した軍・警察など難民に関する多くのテーマが描かれています。 

f:id:damrosch:20190217162633j:plain

『オデッセイ』(部分)

アイ自身も、幼少期には文化大革命の影響で故郷を追われた経験を持っています。また彼の社会活動により中国当局に軟禁されたこともあり、現在はドイツを拠点に活動をしています。いわば、彼も「難民」の一人なのです。

 

そうした経歴を持つアイ・ウェイウェイが自身の活動を映像作品として記録した、それが『ヒューマン・フロー 大地漂流』です。

映画の見どころ

タイトル:『ヒューマン・フロー 大地漂流』

(原題: Human Flow)

制作:2017年(ドイツ)

監督:アイ・ウェイウェイ

世界各地の難民のリアル

作中では、ヨーロッパや中東、アジア、アメリカ、アフリカまで世界各地23カ国40か所の難民の様子が記録されています。国を離れた難民たちの様子や、難民キャンプでの過酷な日常・プライベートを観ることができます。

 

苦しい状況に希望を失いかけている人、そのような中でも前向きに懸命に生きようとする人、彼らを支援する団体UNHCRの職員の方など、難民問題に関わる多くの人々の生の声が出てきます。

 

国を追われ、広大な地球を漂流することとなった難民たちの実態は、ニュースでは知ることのできない、しかし私たちが知らなくてはいけない現実です。

美しく、しかし悲惨な映像

アイが芸術家であることもあり、洗練された画面描写やドローンを使ったダイナミックな空撮など、美しい映像の数々が収められています。そうした映像の美しさには感動でした。

 

でもそこに映し出されるのは難民たちのリアルな状況であり、美しさとのギャップが凄惨さを際立たせています。 

子どもたちの笑顔

私が一番印象的だったことは、どこの難民キャンプでも子どもたちがカメラに向かって笑顔で手を振っている様子でした。 各地の難民キャンプが映し出される中でも、子どもたちの笑顔は共通しているのです。この笑顔は守らなくてはいけない、そう感じさせられました。

 

まとめ

現代芸術家としてのアイ・ウェイウェイの作品はこれまでいくつか見たことがあり、好きなアーティストでもあったので、「へぇ~映画も撮るんだなぁ」くらいの軽い気持ちで観に行きました。

 

でも観終わったすぐあとは、難民問題の現実への驚きや理解が低すぎた自分自身への情けなさなど、様々な感情がぐるぐるしすぎて何も言葉が出てこない、そんな状況でした。それほどの衝撃です。

 

「難民」とカテゴライズされていますが、「難民」はそれ以前に同じ「人間」です。まずはしっかりと知ることから始めて、少しずつでも自分にできることをやっていきたいと思います。