だむろっしゅの文化活動部ログ

アート、映画、旅行などなど。文化部的な活動記です。

男性視点で語る!宝塚歌劇団観劇の3つの魅力

f:id:damrosch:20190221132849p:plain

宝塚歌劇団」と聞くと、出演者もお客さんも女性ばかりというイメージはありませんか?

そんなイメージから、実は興味があるけど敬遠してしまってる男性も少なくないはず!

 

確かに観客は女性が多いですが、男性が観に行っても全く問題なし!

そこで今回は宝塚劇場に何度も足を運んでいる私の視点から、宝塚の魅力と観劇の方法について綴っていきます。

 

男性から見る宝塚の魅力

その1:男役のイケメンっぷりを楽しむ

ご存知の通り、宝塚歌劇団の役者さんは全員が女性です。

そのため劇中の男性のキャラクターも女性が演じていて、その方たちのことを「男役」と呼びます。

この男役がまぁなんともイケメンなのです笑!

 

宝塚の男役は、かなり格好つけた仕草やキザなセリフをこれでもかというくらいに見せてくれます。

ジャケットを着る動作、振り返り方、女性の口説きかた、抱きしめ方などなどの演技はもちろん、さらにそこにキレキレの踊りや歌が加わり、演技の端々まで徹底された男性像を観ることができるのです。

 

正直、現実にそんな男いたらちょっと引くわ…、と思うこともあると思います笑

でも女性が男性を演じるという普段ではありえない状況だからこそ、くどいくらいのありえない男性像も許せてしまう、そんな気持ちになってしまうはずです。

 

女性の観客はそうした男性像にキュンキュンするようですが、男性視点からすると女性はそういう男性を求めているんだなぁ、という勉強という観点で楽しむことができるはずですよ。(ただし、日常生活で再現することはオススメしません笑)

その2:マンガや映画を題材とした演目を観られる

宝塚の演目といえば、最初に思い浮かぶのは『ベルサイユのばら』ではないですか?もちろんベルばらは宝塚の代表作の1つです。

でもベルばらならなんとなくわかるけど、他のよくわからない作品を観に行くのもなぁ…、と思うこともあるかもしれません。

 

でも実は、宝塚では有名な漫画やヒットした映画などを題材にした作品も多くあるのです。例えば最近演じられた演目では次のようなものがあります。

 など

 

え?ハリウッド映画やゲームまで?と驚きますよね。そうなんです。

ザ・宝塚のイメージのきらびやかでヒラヒラな衣装の作品だと敷居が高いと感じてしまうかもしれませんが、そんな中でも上記のような作品も演じられているんですよ。

 

宝塚では一度公演した演目をしばらくしてから再演することがしばしばあるので、これらの作品もまた観られるときがくるでしょう。ドはまりしたあの作品の宝塚版を観に行ってみるのも楽しめるはずです。 

※2019年はオーシャンズ11の上演が予定されていますよ!

その3:フィナーレの迫力に圧倒される

宝塚の魅力はなんといってもフィナーレでしょう!

 

宝塚の公演は、最後に出演者たちによるラインダンスやパレードが組み込まれています。これを「フィナーレ」といいます。宝塚のよく知られたイメージの一つでもある、大きな羽をつけて大階段を降りてくる、あれです。

 

絢爛豪華な衣装で出演者たちが登場し、劇中の歌が歌いあげられ、軽やかなダンスも楽しむことができます。宝塚の良さを凝縮したかのような圧倒的なパフォーマンスが繰り広げられるのです。

 

こればっかりは言葉では表現できないので、男性/女性関係なく、ぜひ一度あなたの目でご覧ください!

 

どうやって観に行けばいいの?

宝塚の劇場

観に行ってみたいけど、兵庫まで行くのは遠いよ…、と思うのはまだ早いです!実は兵庫県宝塚大劇場だけではなく、東京などほかの地域でも観るチャンスはありますよ。

など

宝塚大劇場東京宝塚劇場は専用劇場なので 定常的に公演を行っていますが、それ以外の劇場は年に数回なので事前にスケジュールをご確認ください

チケット購入

宝塚のチケットは宝塚歌劇団の公式HPからWEB購入するほか、電話購入、各プレイガイド、劇場窓口などで購入することができます。

 

SS席だと12,000円とややお高めですが、B席だと3,500円と意外とリーズナブルです。B席だからといって舞台が見えないというとはまったくなく、ステージ全体を見渡せて楽しめます。

※穴場として、Benefit Stationなど法人向けの福利厚生サービスで購入する方法があります。人気公演が先行予約できることもあるのでおススメですよ。

服装・持ち物

観劇初心者の方は、ジャケットとか着なきゃいけないのかなって不安になりますよね?

でもご安心ください。ドレスコードは特にないので、デニムにシャツとかでも全然問題なしです!ただ、浮いてしまうので短パンやサンダルは避けた方が無難です。

 

持ち物としては、オペラグラスを用意しましょう。あるかないかで観劇後の満足感が大きく変わるといっても過言ではありません。役者さんの表情や衣装や舞台美術の細かさなどをオペラグラスで楽しむのも、醍醐味の一つなのです。

 

東京宝塚劇場へ行くのであれば、劇場の近くの有楽町ビックカメラで手に入るので当日調達でも大丈夫ですよ。

 

 

 

いかがでしたでしょうか。宝塚を観に行ってみたい気持ちでいっぱいになりましたね?

ぜひ素敵な宝塚観劇デビューを飾ってください!